特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

頂点に挑む

19’センバツ龍谷大平安 僕らも主役/5止 橋本幸樹投手(2年)/加藤慶大投手(1年) /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第91回選抜高校野球>

橋本幸樹投手(2年)

 公式戦初先発だった昨秋の府予選3位決定戦は三回途中降板。大勝はしたが、2失点して投球リズムも今ひとつ。「準備不足」と悔いを残した。130キロ台後半の速球はチームの右腕で一番の球威だけに、信頼回復へ必死のアピールが続く。先輩にもあたる兄和樹さんは、3年前のセンバツ4強時の一塁手で、立命館大でも活躍中。京都市右京区出身。

加藤慶大(よしひろ)投手(1年)

 「ポーカーフェースが最大の武器」と評価するバッテリーコーチの畑矢敬治さんに勧められて昨秋、上手から横手へ変えた。速球は130キロ前後だが、球の出所が見にくく、紅白戦では変化球で中軸打者を内野ゴロに打ち取れることも増えた。「制球には自信がある」といい、右腕の救援投手として出番を期す。松山市出身。=おわり

〔京都版〕

次に読みたい

あわせて読みたい