メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

中国風の朱色の門が目印 あいおい白龍城(ペーロンじょう) 兵庫県相生市

香ばしい香を漂わせる焼きガキ=兵庫県相生市の道の駅「あいおい白龍城」で、山本真也撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 かつて造船でにぎわった相生湾に面する道の駅「あいおい白龍城」。中国風の朱色の門をくぐると香ばしい香りが漂う。焼きガキのにおいだ。身が大きくて焼いても縮みにくい相生名物のカキ。シーズンの10月末から3月末にかけては平日もにぎわっている。

 焼きガキは3個300円。お土産は殻付き1キロが800円。むき身420グラムが1100円。レストランでは大人の男性だと、3000円で、焼きガキ、カキフライ、カキ汁、カキ飯が1時間半食べ放題となる。

 地元の相生産業高校の生徒が開発したカキのふりかけ「ふりカキ」(240円)は、昨年、商業高校のフード…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文747文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです