メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平城京

十条域、新たに道路遺構 羅城門と一体整備か 大和郡山 /奈良

平城京右京の九条より南で見つかった条間北小路の遺構。右(南)に1本、左に時期が異なる2本の側溝がある=奈良県大和郡山市野垣内町で、大川泰弘撮影

 大和郡山市教委は13日、平城京南端とされてきた九条大路より南の右京(西)域に当たる同市野垣内町で、京の区画(条坊)と同規格で作られた奈良時代の道路遺構1カ所が新たに見つかったと発表した。昨年も近くで道路遺構2カ所が見つかっている。奈良時代中ごろの側溝から土器なども見つかり、何らかの土地利用がされていたとみられる。担当者は「調査地は京内や羅城門と一体のものとして利用されていたのではないか」と見ている。【大川泰弘】

 見つかったのは「条間北小路」の両側溝。2時期の遺構があり、奈良時代初めから中ごろの遺構は道幅約6メ…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです