特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

高校野球

母校・岡山南に恩返し 元巨人・川相さん、コーチに 「確率上げる練習方法伝えたい」 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャッチボールで注意するポイントについて指導する川相昌弘さん(右)=岡山市北区の岡山南高校で、高橋祐貴撮影
キャッチボールで注意するポイントについて指導する川相昌弘さん(右)=岡山市北区の岡山南高校で、高橋祐貴撮影

 プロ野球の巨人や中日で活躍し、「バントの名手」としてプロ野球の最多犠打記録を持つ川相昌弘さん(54)が母校・岡山南高校(岡山市北区奥田2)の野球部で非常勤コーチに就任した。「懐かしく、身が引き締まる思い。これまでの経験を生かし、少しでも母校に恩返しできれば」と意気込んでいる。【高橋祐貴】

 川相さんは、昨季限りで巨人の2軍監督を退団。その後、元プロ野球関係者が学生を指導する際に必要となる「学生野球資格」を回復するための研修会を受けるなどして、今年2月に資格回復が認められた。母校の野球部の指導に携わりたいとの希望を学校側に伝え、実現した。

 川相さんは12日に母校を訪れ、初指導に当たった。練習の冒頭、「日ごろの積み重ねしかチームが強くなることはできない」と選手らに呼び掛けた。その後、ストップウオッチを片手に持ち、選手の送球や20メートル走のスピードを計測。キャッチボールでは軸足の母指球に体重を乗せて投げることや、捕球の際にへそを球に向けることなど具体的なアドバイスをしていた。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文885文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る