メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

醤の郷 香川県小豆島町 軒を連ねる、しょうゆ蔵 もろみの熟成桶、全国2000本の半数が小豆島に /四国

もろみを1年間かけて熟成させる桶=香川県小豆島町苗羽のマルキン醤油記念館で、植松晃一撮影

散策路、記念館、ソフトクリームの島巡り

 都道府県で最も面積は小さいのに、しょうゆ出荷量で5位(2016年)を誇る香川県。約400年前に生産が始まった小豆島には、醸造蔵の集まる「醤(ひしお)の郷(さと)」がある。近代化産業遺産認定の蔵も多い島を歩いた。【植松晃一】

 「(住民の)住まいと住まいの間にしょうゆを造っている蔵がある。日本の原風景とも言え、癒やされるんですよ」

 小豆島町馬木で1846年創業のヤマサン醤油(しょうゆ)5代目、塩田洋介さん(70)は古い蔵の並ぶ趣…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです