メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著作権法改正案

先送り 「ネット萎縮」規制に反発

 政府は13日、違法ダウンロードの対象範囲を全著作物に拡大する著作権法改正案の今国会への提出を見送ることを決めた。「インターネット利用を萎縮させる」と反対意見が相次ぎ、自民党の了承が得られなかった。政府は数千億円規模の被害が推計される海賊版対策を早急に進める方針だったが、接続遮断(ブロッキング)法制化に続き、今回も先送りせざるを得ない事態となった。

 「漫画家をはじめとする著作権者、ネットユーザー双方の不安を払拭(ふっしょく)できていない」。同日開かれた自民党文部科学部会と知的財産戦略調査会の合同役員会後、赤池誠章文科部会長は文化庁に提出見直しを求めたことを明らかにした。改正案には利用者を海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」の規制も盛り込まれていたが、赤池氏は「違法ダウンロードの対象拡大とセットだ」と述べ、同時に見送る考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです