メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著作権法改正案

先送り 「ネット萎縮」規制に反発

 政府は13日、違法ダウンロードの対象範囲を全著作物に拡大する著作権法改正案の今国会への提出を見送ることを決めた。「インターネット利用を萎縮させる」と反対意見が相次ぎ、自民党の了承が得られなかった。政府は数千億円規模の被害が推計される海賊版対策を早急に進める方針だったが、接続遮断(ブロッキング)法制化に続き、今回も先送りせざるを得ない事態となった。

 「漫画家をはじめとする著作権者、ネットユーザー双方の不安を払拭(ふっしょく)できていない」。同日開…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文857文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです