メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム医療

遺伝差別に防止規定 推進法骨子案、議連了承

 患者の遺伝情報を調べて治療や予防に生かすゲノム医療の適切な推進に向けて、超党派の議員連盟は13日、今国会に提出する「ゲノム医療推進法案」の骨子案を了承した。研究や開発体制の整備に加え、遺伝差別の防止規定を盛り込むのが柱。米国の遺伝情報差別禁止法などと異なり、生命保険の加入拒否や解雇などの具体的な禁止事項と罰則の明記は見送る方針だ。

 国はがんゲノム医療推進に力を入れており、中心的役割を担う中核拠点病院として全国の11施設を指定。拠…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文716文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです