メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
クローズアップ2019

春闘集中回答日 脱統一要求、脱官製 労、薄まる「ベア偏重」 使、「一時金で賃上げ」

各社の回答が書き込まれる金属労協のホワイトボード=東京都千代田区で2019年3月13日、根岸基弘撮影

 13日に集中回答日を迎えた2019年春闘は、賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)で前年割れの回答が相次いだ。経団連が政府の賃上げ要請に基づく「官製春闘」からの脱却を打ち出す中、世界的な景気減速懸念が広がり、賃上げ姿勢が後退した格好だ。一方、人手不足を背景に高齢者の活用や非正規社員の処遇改善などが大きなテーマになっており、従来型の「ベア偏重」の春闘は転換期を迎えている。

 「今の国際情勢で経営者の心理として相当不安になる中、むしろ賞与では実績を反映している」。経団連の中…

この記事は有料記事です。

残り2068文字(全文2306文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです