メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

基地の島の不正義=坂東賢治

 <moku-go>

 十返舎一九や葛飾北斎らが活躍し、江戸の町人文化が隆盛した文化年間(1804~18年)、太平の日本に欧州の激動の余波が及んだ。ナポレオン戦争でフランスと敵対した英国の艦船が仏の属国だったオランダ船を拿捕(だほ)しようと、長崎に侵入したのだ。フェートン号事件だ。

 英国は戦争でオランダ植民地だったスリランカや仏領だったインド洋の島々を獲得し、インドへのルートを盤石にして繁栄の礎を築いた。植民地の大半は第二次大戦後に独立した。なお「英領インド洋地域」として残るのがチャゴス諸島だ。この島々に国際社会の注目が集まっている。

 オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)が2月25日、英国統治を「不法」と判断し、事実上、領有権…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです