メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

ミュンヘンの困惑 米と独、深い亀裂鮮明に=北海道大教授・遠藤乾

ミュンヘン安保会議で握手を交わすメルケル独首相(右)とペンス米副大統領=2月16日、ロイター

 ミュンヘン安全保障会議というと、一般の読者にはなじみが薄いかもしれない。それは、しばしばダボス会議の安全保障版と呼ばれる。1963年から例年ドイツで開かれ、影響力のある政治家、行政官・外交官、知識人などが集う大規模な国際会議だ。2月中旬、これに初めて出席した。

 うわさには聞いていたものの、面食らう。世界中から約30人の大統領・首相、80人の大臣に加え、アメリカからは現・元副大統領、元国務長官数人、50人ほどの上下院議員、中国やロシアからは外相や副首相が来ていた。軍服姿も多い。日本からは、河野太郎外相が冒頭のパネルディスカッションに登場した=1。

この記事は有料記事です。

残り2738文字(全文3014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです