メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

ミュンヘンの困惑 米と独、深い亀裂鮮明に=北海道大教授・遠藤乾

ミュンヘン安保会議で握手を交わすメルケル独首相(右)とペンス米副大統領=2月16日、ロイター

 ミュンヘン安全保障会議というと、一般の読者にはなじみが薄いかもしれない。それは、しばしばダボス会議の安全保障版と呼ばれる。1963年から例年ドイツで開かれ、影響力のある政治家、行政官・外交官、知識人などが集う大規模な国際会議だ。2月中旬、これに初めて出席した。

 うわさには聞いていたものの、面食らう。世界中から約30人の大統領・首相、80人の大臣に加え、アメリカからは現・元副大統領、元国務長官数人、50人ほどの上下院議員、中国やロシアからは外相や副首相が来ていた。軍服姿も多い。日本からは、河野太郎外相が冒頭のパネルディスカッションに登場した=1。

この記事は有料記事です。

残り2738文字(全文3014文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです