メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

医師の疲弊防ぐ制度改革を=古田将・米ハワイ大外科臨床准教授

 私は大学卒業後6年間、日本の急性期病院で麻酔科、救急、集中治療医として働いた。一人前の医者になるため、労働時間を考えず無我夢中で働いた覚えがある。米国に渡り、外科研修と米国外科専門医の口頭試問を終えた際、改めて米国の医学教育とシステムに感銘を受けた。

 米国では医学部生の時から臨床の本格的なトレーニングが始まり、医師として働き始める初日から戦力になる。外科では、5年間の研修後はどんな症例でも1人で対応できるようになる。その最も忙しい外科の研修でも週80時間を超える労働は許されず、週に1日の休日確保、3日に1回以上の当直の禁止などが厳しく管理され、それをおろそかにする研修プログラムは閉鎖される。

 しかし、研修が終わって上級医になると、米国では労働時間の法的な制限が存在しない。なぜなら彼らの収入…

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです