メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 東西冷戦終結から30年 「壁なき世界」の理想再び=大木俊治(紙面審査室)

 平成が始まった1989年は、「ベルリンの壁」が崩壊し、東西冷戦が終わりを告げた年として世界史に刻まれている。この年の12月、地中海のマルタでブッシュ(父)米大統領と会談したゴルバチョフ・ソ連共産党書記長は「冷戦時代にあった問題とはさよならだ」と過去との決別を宣言し、世界の平和と安定へ希望の灯がともった。

 ところが30年後の現状はどうだろう。希望は幻滅に変わった。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです