メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

平成とは 東西冷戦終結から30年 「壁なき世界」の理想再び=大木俊治(紙面審査室)

 平成が始まった1989年は、「ベルリンの壁」が崩壊し、東西冷戦が終わりを告げた年として世界史に刻まれている。この年の12月、地中海のマルタでブッシュ(父)米大統領と会談したゴルバチョフ・ソ連共産党書記長は「冷戦時代にあった問題とはさよならだ」と過去との決別を宣言し、世界の平和と安定へ希望の灯がともった。

 ところが30年後の現状はどうだろう。希望は幻滅に変わった。

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2023文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです