メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

高官、訪台相次ぐ 中国にらみ称賛演説

信教の自由をテーマにした国際会議で言葉を交わす蔡英文総統(手前右)とブラウンバック米大使=台北市で2019年3月11日、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾に対する防衛的武器の供与などを定めた米国の「台湾関係法」制定から今年4月で40周年を迎えるのを前に、米台関係の強化を促す動きが活発化している。11日には台北市で開かれた国際会議で、ブラウンバック米大使(信教の自由担当)が講演。与野党問わず対中国強硬論が強い米議会でも台湾支援を求める声が強まっている。

 国際会議は信教の自由がテーマで、大使は講演で「台湾は自由と民主主義を進展させている」と称賛。一方で…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文675文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです