メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「多次元」作戦に備え 国防予算案、宇宙分野に141億ドル

 【ワシントン古本陽荘】米国防総省は12日に発表した2020会計年度(19年10月~20年9月)の国防予算案で、宇宙、サイバー分野の予算要求額を大幅に増加した。「戦略的競争国」と位置づける中国、ロシアを強く意識したものだ。伝統的な戦争の形態から脱却し、陸海空に宇宙、サイバー空間も加えたすべての領域で同時展開するマルチドメイン(多次元)作戦に備える姿勢を鮮明にした。

 記者会見したノーキスト国防副長官代行は「中国とロシアは従来のような戦い方はしない。長期にわたる戦略的競争への準備が始まっている」と述べ、新しい戦争の形態に備える重要性を強調した。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです