メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネースビーク・ノルウェー水産相

補助金依存断ち自立 水産改革、意義語る

水産改革について語るノルウェーのネースビーク水産相=東京都内で2019年3月13日、加藤明子撮影

 水産業の成長産業化を目指す改正漁業法が昨年12月に成立し、政府与党は今月下旬、政省令の議論を本格化させる。日本が水産改革のモデルとしたノルウェーのトム・ネースビーク水産相に改革の意義について聞いた。

 ネースビーク氏は「漁船の数や業界の規模は海中の魚の資源量に従わなければならない。1年単位ではなく、何世代にもわたって資源を維持管理する必要がある」と長期的視野で改革を行う必要性を強調した。

 改革当時について、「多くの人が反発し、補助金がなくなるので不安を感じていた」と振り返る一方で、「い…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. モルシ・エジプト元大統領死去 67歳 軍クーデターで13年解任
  4. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです