メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

大学、10連休ムリ? 立教5日間、早慶2日間授業 国、法令運用厳格化で

 皇位継承に伴う4月から5月にかけての10連休は一部の学生や大学教員には無縁のものになるかもしれない。授業日を設ける大学が少なくないからだ。法令に基づく授業時間の厳格な運用を求める動きが強まり、大学のスケジュールに余裕がなくなっていることが背景にある。【大久保昂】

 立教大は10連休の半分に当たる5日間を授業に充てる。履修の仕方によっては3連休にしかならないという。広報課の担当者は「授業時間を確保するため、やむを得ない」と説明する。文部科学省の大学設置基準で定める半期での単位認定に必要な授業時間(100分を14回)をこなすには、連休をつぶさざるを得ないというのだ。

 学生の反応はさまざまだ。理学部3年の男性(21)は「ずっと休みだったら友達と旅行ができるのに」と残…

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文1131文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです