メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟 除斥期間「合憲」 国が準備書面

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術を強いられた宮城県の60代と70代の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、国は13日、「旧法下の被害に(賠償請求権が消滅する20年の除斥期間を規定する)国家賠償法4条と民法724条を適用するのは違憲」との原告側主張に対し、除斥期間の適用を「合憲」とする準…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです