東京・公立福生病院

透析中止死亡女性の夫が手記 「医者は患者に寄り添って」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「もう二度と起こってほしくない」。公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、治療を中止して亡くなった腎臓病患者の女性(当時44歳)の夫(51)が毎日新聞に手記を寄せた。一度は選んだ「死」を前にためらい、揺れ動いた夫妻の姿が浮かび上がる。

 「(透析を)やめれば1週間の命です」。A4判2枚の手記によると、妻は昨年8月9日、病院の外科医(50)から透析をやめる選択肢を示され、意思確認書に署名した。「妻の気持ちは揺れるばかりで、なかなか入院しようとしなかった」という。14日、入院。「『死ぬための入院』だなんて誰が想像し得たでしょうか」

 亡くなる前日の15日、夫は妻の車椅子を押し、病院近くのスーパーマーケットで妻のためにタオルなどを買った。夕方、妻は「離脱(透析中止)を撤回できるならしたい」と夫に告げた。「担当の先生とはなかなか会えない」とも話した。その夜、夫は急な胃病のため同じ病院で緊急手術を受けた。そして16日--。麻酔から覚めると急いで妻の病室に駆けつけたが、間に合わなかった。見開いた目。半開きの口。「苦しんでいたのかな。…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文857文字)

あわせて読みたい

注目の特集