メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 小児がん経験の子 パラへ夢

北風が吹く中、半袖でボールを追う佐原春香さん=千葉県浦安市で

 来年の東京パラリンピックには、小児がんなど重い病気を経て障害を抱えた選手たちが数多く出場する。病を乗り越え活躍するアスリートに、病気と過去に闘った子どもたち、今闘っている子どもたちが夢を膨らませている。

 ●車いすだからこそ

 「えいっ」「やっ」。千葉県浦安市のテニスコートで2月、車いすに乗ってテニスボールを追う市内在住の佐原春香さん(15)の元気な声が響いた。車いすテニスは一般のテニスとほぼ同じルールで行われる。腕力や背筋力など上半身の力に加え、車いすの操作技術も求められる。

 全速力で走ったり、素早くターンしたり……。ラケットを片手に鋭い目線でボールを追い、車いすを自在に扱…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1531文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです