メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 小児がん経験の子 パラへ夢

北風が吹く中、半袖でボールを追う佐原春香さん=千葉県浦安市で

 来年の東京パラリンピックには、小児がんなど重い病気を経て障害を抱えた選手たちが数多く出場する。病を乗り越え活躍するアスリートに、病気と過去に闘った子どもたち、今闘っている子どもたちが夢を膨らませている。

 ●車いすだからこそ

 「えいっ」「やっ」。千葉県浦安市のテニスコートで2月、車いすに乗ってテニスボールを追う市内在住の佐原春香さん(15)の元気な声が響いた。車いすテニスは一般のテニスとほぼ同じルールで行われる。腕力や背筋力など上半身の力に加え、車いすの操作技術も求められる。

 全速力で走ったり、素早くターンしたり……。ラケットを片手に鋭い目線でボールを追い、車いすを自在に扱…

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1531文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです