メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れられた高齢者

/2 いつまで散歩できるのか

朝の陽光を背中に浴びながら散歩する泰夫さんの影が差す=群馬県高崎市で

 スニーカーに履き替え、頭には転倒によるけがを防ぐためのヘッドギア。群馬県高崎市の国立重度知的障害者総合施設「のぞみの園」で暮らす知的障害者で認知症の泰夫さん(67)=仮名=が、2月初旬の青空の下をスタスタと歩き続ける。朝の散歩は、ここ数年、泰夫さんの日課だ。

 寝起きする寮の主任生活支援員、登坂庸平さんが散歩に付き添いながら「日ごろ徘徊(はいかい)しているからなのか、健脚なんですよ」とほほ笑む。15分ほどして寮に帰り着くと、お茶の時間。共有スペースのソファでくつろいだ様子の泰夫さんは、好物のコーヒーを味わいながら、国会中継が映るテレビ画面に見入った。

 高齢化、そして認知症の発症は、泰夫さんの寮での暮らしを大きく変えた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです