プロ野球

オープン戦 阪神4-2中日 中日・根尾、本拠地でデビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (13日)

 中日のドラフト1位・根尾(大阪桐蔭高)が七回から守備に就き、1軍の舞台に立った。「攻めたプレーをしようと思った」と根尾。ナゴヤドームの人工芝の感触を確かめるよう、落ち着いた表情で試合に入った。

 八回無死で回ってきた打席では阪神の4番手・石崎の直球を連続で見逃して追い込まれた。4球目のチェンジアップにタイミングが合わずに空振り三振。直…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

注目の特集