メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在日米軍再編

辺野古移設 地盤改良、3年8カ月 防衛省、工事期間を試算

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域東側で見つかった軟弱地盤の改良工事に、3年8カ月かかると防衛省が試算していることが13日、分かった。日米両政府は普天間飛行場の返還時期について「2022年度またはその後」としているが、既に訴訟の影響などで工事は度々中断している。地盤改良により普天間飛行場の返還はさらにずれ込む可能性がある。

 防衛省は改良工事について、砂を締め固めたくい約7万7000本を海底に打ち込み、地盤を強化する工法を…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです