メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成」経緯文書、保存期間を延長へ、数年以内に公開か

記者会見で「平成」と書かれた額を掲げて、新元号を発表する小渕恵三官房長官=首相官邸で1989(昭和64)年1月7日

 1989年1月に元号を「平成」に改めた経緯の記録文書を国立公文書館へ移管する時期に関し、内閣府は今年3月末の移管期限を延長する。延長期間は少なくとも1年で、長くとも数年程度となる見通しだ。公文書館に文書が移管されれば原則公開となる。

 延長の根拠は、公文書管理法と同施行令で、行政機関が文書の開示請求を受けて開示または不開示の決定をした翌日から1年間は、その文書の保存期間を延長しなければならないと定めているため。報道機関などによる開示請求は今年に入ってからも行われており、引き続き開示または不開示の決定を出していく。

 内閣府は、これまで情報公開請求を受けても文書を開示していない。今回の改元事務に影響を与えることなど…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文863文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです