メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

墜落のボーイング、米国でも運航停止 乗務員組合などが要求

エチオピア航空のボーイング737MAX8=2018年11月撮影、AP

 【ワシントン中井正裕】トランプ米大統領は13日、エチオピアで墜落事故を起こした米航空機大手ボーイングの新型旅客機「737MAX8」について、米国での運航を停止すると表明した。米連邦航空局(FAA)は同型機のシステム改良の義務付けにとどめる方針だったが、欧州連合(EU)やカナダなど世界各国で運航停止の動きが広がるなか、米国でも踏み込んだ措置が必要と判断した模様だ。

 エチオピア航空の737MAX8は10日に乗員乗客157人全員が死亡する墜落事故を起こした。昨年10…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです