メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デサント、伊藤忠によるTOB終了 40%到達へ 事態収拾見通せず

株式の公開買い付けの構図

 伊藤忠商事によるスポーツ用品大手デサントに対する株式の公開買い付け(TOB)が14日、終了した。経営方針を巡る対立は、国内大手企業同士では異例の敵対的TOBに発展。デサント株の約3割を持つ筆頭株主の伊藤忠は最大4割に引き上げるのが目標だ。伊藤忠は15日にTOBの結果を発表するが、目標の40%に届くとの見方が強い。今後両社は協議する方針だが、主張の隔たりは大きく、事態収拾への道筋は見通せない。

 対立の発端はデサントの経営方針だ。伊藤忠は、デサントの売上高に占める韓国事業の依存度の高さを懸念。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです