メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノルウェー水産相、EPA交渉入りに意欲 IWC脱退の日本と協力関係検討も

水産改革について語るノルウェーのネースビーク水産相=東京都内で2019年3月13日、加藤明子撮影

 ノルウェーのトム・ネースビーク水産相は13日、毎日新聞のインタビューに応じ、日本との経済連携協定(EPA)交渉入りに意欲を示した。詳細は次の通り。

 ――ノルウェーは1980年代に漁業改革に着手し、漁船の数を大幅に減らして資源量を回復させました。

 船の数や業界の規模は海の魚の資源量に従わなければならない。1年単位ではなく、何世代にもわたって資源量を維持管理することを目指している。当初は多くの人が反発し、補助金がなくなるので不安を感じていたが、良い決断だった。

 ノルウェーは高品質の水産物を適正価格で146カ国に輸出している。漁業補助金は廃止したが、業界も順調…

この記事は有料記事です。

残り1114文字(全文1395文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです