北朝鮮大使館襲撃にCIA関与か スペインでPC奪う 現地報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】スペイン・マドリードの北朝鮮大使館が2月に何者かによって襲われる事件があり、スペイン紙エルパイス(電子版)は13日、犯行グループのうち少なくとも2人が米中央情報局(CIA)と関連がある人物と報じた。スペインの大使館は、現在は対米交渉を担当する金革哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会米国担当特別代表が大使を務めていた経緯があり、同紙は金革哲氏に関する情報入手を狙った犯行の可能性があると指摘している。

 事件は2月22日午後3時(日本時間22日午後11時)ごろ、男ら10人が北朝鮮大使館に車で乗り付け、拳銃のようなものを持って大使館に侵入。2時間にわたり、職員8人を縛ったうえ、頭に袋をかぶせて殴って尋問し、パソコンや携帯電話を奪い逃走した。女性職員1人が2階の窓から逃げ出し、周辺に助けを求めた。ただ、通報によって警察が駆けつけたところ、男の1人が職員を装うように応対して「何も異常はない」と告げたと…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文703文字)

あわせて読みたい

注目の特集