メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮大使館襲撃にCIA関与か スペインでPC奪う 現地報道

 【パリ賀有勇】スペイン・マドリードの北朝鮮大使館が2月に何者かによって襲われる事件があり、スペイン紙エルパイス(電子版)は13日、犯行グループのうち少なくとも2人が米中央情報局(CIA)と関連がある人物と報じた。スペインの大使館は、現在は対米交渉を担当する金革哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会米国担当特別代表が大使を務めていた経緯があり、同紙は金革哲氏に関する情報入手を狙った犯行の可能性があると指摘している。

 事件は2月22日午後3時(日本時間22日午後11時)ごろ、男ら10人が北朝鮮大使館に車で乗り付け、拳銃のようなものを持って大使館に侵入。2時間にわたり、職員8人を縛ったうえ、頭に袋をかぶせて殴って尋問し、パソコンや携帯電話を奪い逃走した。女性職員1人が2階の窓から逃げ出し、周辺に助けを求めた。ただ、通報によって警察が駆けつけたところ、男の1人が職員を装うように応対して「何も異常はない」と告げたと…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです