メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮大使館襲撃にCIA関与か スペインでPC奪う 現地報道

 【パリ賀有勇】スペイン・マドリードの北朝鮮大使館が2月に何者かによって襲われる事件があり、スペイン紙エルパイス(電子版)は13日、犯行グループのうち少なくとも2人が米中央情報局(CIA)と関連がある人物と報じた。スペインの大使館は、現在は対米交渉を担当する金革哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会米国担当特別代表が大使を務めていた経緯があり、同紙は金革哲氏に関する情報入手を狙った犯行の可能性があると指摘している。

 事件は2月22日午後3時(日本時間22日午後11時)ごろ、男ら10人が北朝鮮大使館に車で乗り付け、…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文703文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです