カリフォルニア州が死刑執行一時停止、知事が命令に署名

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロサンゼルス長野宏美】米西部カリフォルニア州のニューサム知事は13日、死刑執行を一時停止する行政命令に署名した。釈放や減刑はされないが、任期中(2023年1月まで)の執行は猶予される。全米の4分の1に当たる最大の死刑囚737人を抱え、死刑論議に与える影響も大きいとみられる。

 ニューサム知事は署名の際、州の死刑囚の6割以上が有色人種で、白人が被害者の方が死刑になりやすく、弁護士費用を出す余裕がない人には不利だとして、「死刑は…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

あわせて読みたい

注目の特集