メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「春の女神」ギフチョウ、羽化始まる 京都・福知山

羽を広げサクラソウの花に留まる羽化したばかりのギフチョウ=京都府福知山市厚中町の大地さん方で2019年3月13日9時38分、佐藤孝治撮影

 環境省が絶滅危惧種に指定するギフチョウの羽化が13日、愛蝶(ちょう)家で知られる京都府福知山市厚中町の日報連福知山支部会員、大地洋次郎さん(78)方の飼育小屋で今年も始まった。「春の女神」とも呼ばれ、府北部にも春の訪れを告げている。

 最初にさなぎの殻を破ったのはこの日早朝。午前8時前には羽化したば…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

  5. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです