メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

杉原千畝「命のビザ」78年ぶり来日 公開も検討

ネイサン・ブルマンさんのパスポートに記された杉原千畝発給のビザ。在カウナス領事館の公印や日本入国時のスタンプが押されている。

 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人にビザを発給して多くの命を救った外交官、杉原千畝(ちうね)(1900~86年)の資料館が東京・八重洲に完成し、23日から一般公開される。開館に合わせ、杉原が発給した日本通過ビザの原本がカナダから78年ぶりに日本に来ることになり、関心を集めそうだ。通称「命のビザ」は杉原の本籍地・岐阜県八百津町が93年から1通を保管しており、国内で公になるものとしては2件目となる。

 資料館の名称は「杉原千畝センポ・ミュージアム」。東京駅近くのビルのワンフロアでNPO法人「杉原千畝…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです