メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「胎児ホットライン」開設準備 出生前診断などで障害など判明の夫婦ら支援

胎児ホットラインを開設するNPO法人「親子の未来を支える会」の林伸彦代表

 出生前診断などで胎児の障害や病気が判明した夫婦らに、同じ障害の子を育てている家族を紹介したり、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で相談に乗ったりする「胎児ホットライン」の開設準備を、NPO法人「親子の未来を支える会」(千葉市)が進めている。

 出生前診断の利用者はこの10年で倍増しているが、診断結果に悩む人も少なくない。同会は「検査を受けた後の支援体制を整えることが急務」とし、ホットライン開設に必要な資金210万円をクラウドファンディングをで募っている。

 同会は、出生前診断や妊婦健診で胎児の障害が分かった夫婦らの無料電話相談に応じてきた。日本産科婦人科学会が今月、新型出生前診断(NIPT)の施設拡大方針を決めたことを受け、より夫婦らが相談しやすく、個々の悩みに応じた「ワンストップ型」の支援を目指すことにした。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです