メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「宅ふぁいる便」 預けたデータの漏えいなし 再開は未定 運営会社会見

ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」の顧客情報が外部に流出したことについて記者会見で謝罪するオージス総研の西岡信也社長(左)=大阪市中央区で2019年3月14日午後3時2分、幾島健太郎撮影

 インターネットの大容量ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」に対する不正アクセスによって約480万会員分の個人情報が流出した問題で、運営する大阪ガス子会社のオージス総研(大阪市)は14日、サービスを再開する見通しが立っていないと明らかにした。最新技術を取り入れた安全強化策を導入する場合の費用などを検討した上で、サービ…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです