特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法一時金 裁判より立法先行 心に届かぬ「早期救済」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
超党派の議員連盟の総会であいさつする尾辻秀久会長(右奥から3人目)=衆院第2議員会館で2019年3月14日午後4時半、宮間俊樹撮影
超党派の議員連盟の総会であいさつする尾辻秀久会長(右奥から3人目)=衆院第2議員会館で2019年3月14日午後4時半、宮間俊樹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らが国に賠償を求める裁判を起こしてから1年余。国会の与党ワーキングチーム(WT)と超党派の議員連盟が救済法案を決定し、4月にも成立する見通しになった。早期の被害救済を目指し、裁判より立法が先行した形だが、一時金額や認定手続きなどを巡って被害者側との溝も大きく、全面解決は見通せない。

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2105文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集