メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

旧優生保護法一時金 裁判より立法先行 心に届かぬ「早期救済」

超党派の議員連盟の総会であいさつする尾辻秀久会長(右奥から3人目)=衆院第2議員会館で2019年3月14日午後4時半、宮間俊樹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らが国に賠償を求める裁判を起こしてから1年余。国会の与党ワーキングチーム(WT)と超党派の議員連盟が救済法案を決定し、4月にも成立する見通しになった。早期の被害救済を目指し、裁判より立法が先行した形だが、一時金額や認定手続きなどを巡って被害者側との溝も大きく、全面解決は見通せない。

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2105文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです