メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

旧優生保護法一時金 裁判より立法先行 心に届かぬ「早期救済」

超党派の議員連盟の総会であいさつする尾辻秀久会長(右奥から3人目)=衆院第2議員会館で2019年3月14日午後4時半、宮間俊樹撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らが国に賠償を求める裁判を起こしてから1年余。国会の与党ワーキングチーム(WT)と超党派の議員連盟が救済法案を決定し、4月にも成立する見通しになった。早期の被害救済を目指し、裁判より立法が先行した形だが、一時金額や認定手続きなどを巡って被害者側との溝も大きく、全面解決は見通せない。

この記事は有料記事です。

残り1934文字(全文2105文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです