メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仮想通貨モナコイン1500万円引き出し 「Tor」の壁 ブロックチェーン解析で18歳少年を特定

モナコインの不正流出事件の構図

 仮想通貨「モナコイン」を不正に引き出したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は14日、宇都宮市の少年(18)を電子計算機使用詐欺容疑などで書類送検した。事件には発信者の特定を困難にする匿名化ソフト「Tor(トーア)」が使われていたが、被害に遭ったサーバーのアクセス記録を解析した結果、少年の関与が浮上したという。同課によると、仮想通貨の流出事件での摘発は全国で初めて。

 送検容疑は昨年8月14日~9月1日、仮想通貨を保管するためのウェブ上のウォレットサービス「Monappy(モナッピー)」にアクセスし、高い負荷がかかると誤作動を起こすサイトの脆弱(ぜいじゃく)性を突いて約1500万円相当のモナコインを引き出すなどしたとしている。「裏技を見つけたような気持ちになり、モナコインを全部取ろうと思った」と容疑を認めている。

 同課などによると、少年は主にスマートフォンを使ってアクセスしていた。引き出したモナコインは海外の仮想通貨取引所に開いた匿名口座で保管し、配当を得ていた。これまでに10万円を受け取り、スマホなどの購入に充てたという。被害に遭ったのは約7700人分のモナコインだった。

 トーアは通信内容を暗号化し、複数のコンピューターを経由して通信する。もともとは米海軍が通信の秘密を確保するために開発した技術だが、近年はサイバー犯罪のツールとして悪用されている。

 今回の事件でもトーアが捜査の「壁」となったが、サーバーと仮想通貨の取引履歴を記録するブロックチェーンの解析で少年を特定できたという。

 仮想通貨を巡っては昨年1月に大手交換業者「コインチェック」で約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が盗まれるなど、被害が相次いでいる。警察庁によると、不正アクセスで盗み出された被害は昨年169件、約677億円相当に上っている。【安藤いく子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです