メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アポ電強盗 事件前に下見か 防犯カメラに不審な男ら

加藤邦子さんの遺体が見つかったマンション=東京都江東区で2019年2月28日午後3時58分、藤井達也撮影

 東京都江東区のマンションで加藤邦子さん(当時80歳)が「アポ電」(アポイントメント電話)を受けた後に殺害された事件で、2月中旬に現場近くを歩く不審な男らが防犯カメラに映っていたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。警視庁捜査1課は、事件にかかわったグループが加藤さん宅を下見していたとみている。

 捜査関係者によると、加藤さん宅には2月中旬、現金の有無などを尋ねる不審な電話があった。防犯カメラにマンション周辺をうろつく不審な男らが映っていたのは、このアポ電の後で、事件の下見だった可能性がある。加藤さん宅を襲撃する際に車を止めておく場所や逃走ルートを確保する目的があったとみられる。

 強盗殺人容疑などで逮捕されたのは、川崎市川崎区京町2の土木作業員、小松園竜飛(こまつぞのたつみ)(27)▽住所不定、無職、須江拓貴(ひろき)(22)▽同、酒井佑太(22)――の3容疑者。逮捕時にはいずれも他人名義の携帯電話を持っていたという。また現場から立ち去る際に使ったとみられる所沢ナンバーの軽乗用車も他人名義だったことが判明している。

 アポ電を使った強盗事件は今年に入ってから、渋谷区で2件起きている。このうち2月1日に同区笹塚の住宅で400万円が奪われた事件の現場には、犯人の靴跡が残されていた。加藤さんの部屋に残されていた靴跡と酷似しており、捜査1課は二つの事件の関連を調べている。【春増翔太、山本佳孝、土江洋範】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです