メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電にのみ4世帯9人への508万円賠償命令 国の責任認めず 千葉地裁・原発集団訴訟

 東京電力福島第1原発事故で、福島県の避難指示区域外から千葉県に避難した6世帯19人が東電と国に計約2億4700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁(高瀬順久裁判長)は14日、東電にのみ4世帯9人に計約508万円を支払うよう命じた。別の原告が千葉地裁に起こした訴訟の2017年の判決と同様、国の責任は認めなかった。

 同種訴訟の判決で、千葉地裁を除く東京、福島など5地裁はすべて国の責任を認めている。弁護団は「誰の責任で事故が起きたのか不明確のままでは再発防止にならない」と判決を批判し、控訴する方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  4. 奥行き80cmの乾燥機ドラム内に入る…壊した容疑で男3人逮捕 滋賀・コインランドリー

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです