メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校eスポーツ選手権

eスポーツ高校生初代王者で佐賀をアピール メンバー数の多さが武器の鹿島高

練習で連携を深める鹿島高の生徒たち=佐賀県鹿島市で2019年2月22日午後3時58分、松本晃撮影

 高校生が同じ学校でチームを組み、対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第1回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社主催、サードウェーブ共催)決勝大会が23、24日に千葉市の幕張メッセで行われ、ロケットリーグとリーグ・オブ・レジェンドの2部門に4校ずつ計8校が出場する。3人対3人で対戦するサッカーゲームの「ロケットリーグ」に出場する4校のチーム紹介の最終回は佐賀県立鹿島高校(鹿島市)。元プロゲーマーの外部コーチから教わった高いテクニックが売りだ。

 鹿島高は地元では「宿題が多いこと」で有名だ。週末ともなれば、国語のプリント20枚など複数の教科で大…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文791文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです