メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

毎日新聞ライフコンシェルジュ「生活の窓口」開設のお知らせ

昨年11月に開催したセミナー「これだけは知っておきたい終活のこと」の様子

 株式会社毎日新聞社は、新聞読者が直面する相続、お墓の移転や墓じまい、介護、老後の資産運用などのお困りごとを、ファイナンシャルプランナーが聞き取り、最適な専門事業者に橋渡しするサービス「毎日新聞ライフコンシェルジュ『生活の窓口』」を開始します。同事業は、いち早く取り組みを開始した株式会社西日本新聞社からノウハウの提供を受けて実施するものです。

    <背景>

     新聞読者の高齢化に伴い、相続や介護、老後の資産運用など中高年層が生活を送る上で生じる課題やお悩み事が増えつつあることは、読者からの投書やお電話等を通じて感じており何らかのサービスを提供できないかと考えておりました。そこへ西日本新聞社様の取り組みを知り、業務提携のあり方について話し合いを進め、今般公表させていただく段となりました。すでにプレ事業の一環としていくつかの催しを実施しており、ご参加いただいた読者の皆様から「こういう取り組みを待っていた」、「新聞社なので安心して相談できる」等々の励ましのお声を頂戴しているところです。

    <概 要>

    事業主体:株式会社毎日新聞社

    窓口業務:世界標準資格CFPを持つ相談員が、相続、介護、老後の資産運用、お墓の移転等老活関連のお悩み事を受け付け、課題解決にふさわしい専門事業者(税理士、司法書士、行政書士、IFA、介護事業者、不動産売買仲介事業者等 )へ橋渡し

    設置場所:毎日新聞東京本社ビル1階(東京都千代田区一ツ橋1-1-1、地下鉄東西線竹橋駅直結)

    営業時間:平日午前10時~午後5時

    開設時期:2019年5月30日(木)

    <今後の展開>

     今後は、東京圏の読者を中心にお悩み相談を受け付けるとともに、西日本新聞社様が窓口を設置している福岡市やその他の地域との連携を活かし、中高年層のお悩み事を解決する様々な取り組みに邁進したいと考えております。

    【本件に関するお問い合わせ】

    毎日新聞社 社長室 広報担当

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

    2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

    3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

    4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

    5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです