メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再思三省

第72回 新郎新婦の名字が同じ?

[PR]

時にはあるでしょうが

 同姓婚 → 同性婚

 佐藤さんが佐藤さんと、鈴木さんが鈴木さんと結婚……あり得るとしても、問題はこちらではありません。同性婚を認めないのは違憲だとする一斉提訴が2月にあり、それに絡んで散見されました。逆に「選択的夫婦別姓」を「夫婦別性」とする誤変換も見たことがあります。単なるミスだとしても、読む側からは問題意識が低いのではと思われかねません。同性婚も夫婦別姓も訴訟は続いており、今後とも新聞紙面に登場することは確実。注意が必要です。

直し続けています

 長きに渡って → 長きにわたって

 以前から多くの記者が「渡」と書いており、一向に減りません。辞書によっては区別していないものもありますが、例えば三省堂国語辞典では「引き続く」「ゆきわたる。およぶ」という意味の場合には「渡る」ではなく「亘る」の字を当てるとしており、毎日新聞用語集も同様に考えています。そして「亘」は常用漢字ではないので仮名書きにするのがルール。「多岐にわたる」などもこちらです。長きにわたるこの直し、校閲としてはそろそろ減ってほしいのですが……。

4分の1を割り当てます?

 (議席の)クオーター制 → クオータ制

 バスケットボールやアメリカンフットボールの試合区分で使われたり、アメリカで25セント硬貨を指したり、「4分の1」の意味がある英語がクオーター(quarter)。クオータ(quota)は別の言葉で、「分け前」「割り当て」といった意味です。議席をあらかじめ女性に一定数割り当てる制度「クオータ制」はこちら。英国ではquotaの語尾が「クオーター」と伸びることもあるようですが、カタカナ表記では明確に区別することが必要です。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです