メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~30~ オーケストラ・コンサートの新たな潮流 ~1月、2月に聴いた演奏会から

初の来日公演が話題を呼んだテオドール・クルレンツィス (C) 三浦興一

山田治生

 音楽は本来、演奏者を見ながら、聴くものであった。少なくとも20世紀初頭までは、音楽を音だけで聴くというのは特殊な状況であったに違いない。20世紀半ば頃から、レコードやラジオの発達によって、人は音だけで音楽を楽しむようになった。

 それでもやはり、コンサートは、単に音だけなく、視覚も含めて体験するべきものだと、2月に初来日したテオドール・クルレンツィス&ムジカエテルナの演奏を聴いて思った。ロシアの地方都市ペルミを本拠地として活動している彼らは、今回、オール・チャイコフスキーを披露した。彼らの特徴の一つに立奏がある(ただし、協奏曲では座って弾いた)。

 以前にもこの連載で触れたが、古楽では、オーケストラの立奏がトレンドとなっている。モダン・オーケスト…

この記事は有料記事です。

残り2236文字(全文2568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです