メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(59)ムラヴィンスキー来日せず

ムラヴィンスキー夫妻と新芸の西岡芳和社長。1977年8月13日との日付がある=西岡昌紀氏提供

直前のキャンセル

 1981年5月、カール・リヒター急逝で「主役のいない」ミュンヘン・バッハ合唱団・同管弦楽団の地方公演に同行していた新芸術家協会の児玉真(現・地域創造プロデューサー)は、会社から「東京へ至急戻れ」との連絡を受けた。

出先の名古屋から慌ただしく帰京すると、目前に迫ったムラヴィンスキー、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団(略称レン・フィル、現サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の来日が急きょ中止になったと知らされた。ゴスコンツェルト(国家音楽委員会、略称ゴスコン)から「ムラヴィンスキーの病気で(日本へ)出せない」と連絡があったという。

 「中止ですか」。児玉が西岡に尋ねると、西岡は「中止にはしない」と言い切った。ゴスコンは代わりにモスクワ・フィルハーモニー交響楽団と、ドミトリー・キタエンコ、ユーリー・シモノフの2名の指揮者を派遣する、と言ってきたのだ。

この記事は有料記事です。

残り2294文字(全文2690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢の医師が相次ぎ死亡 当局が表彰、子どもの受験優遇も

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. 豪、イスラエルに帰国のクルーズ船下船者、新型肺炎感染を確認 日本側検査で陽性者なし

  5. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです