メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(59)ムラヴィンスキー来日せず

ムラヴィンスキー夫妻と新芸の西岡芳和社長。1977年8月13日との日付がある=西岡昌紀氏提供

直前のキャンセル

 1981年5月、カール・リヒター急逝で「主役のいない」ミュンヘン・バッハ合唱団・同管弦楽団の地方公演に同行していた新芸術家協会の児玉真(現・地域創造プロデューサー)は、会社から「東京へ至急戻れ」との連絡を受けた。

出先の名古屋から慌ただしく帰京すると、目前に迫ったムラヴィンスキー、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団(略称レン・フィル、現サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の来日が急きょ中止になったと知らされた。ゴスコンツェルト(国家音楽委員会、略称ゴスコン)から「ムラヴィンスキーの病気で(日本へ)出せない」と連絡があったという。

 「中止ですか」。児玉が西岡に尋ねると、西岡は「中止にはしない」と言い切った。ゴスコンは代わりにモス…

この記事は有料記事です。

残り2355文字(全文2690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです