メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

アルビノの赤ちゃんワラビー、チェコの動物園で人気

 3月13日、チェコ北部にあるジェチーン動物園で、メスの赤首ワラビーの袋からアルビノ(先天的なメラニン欠乏)の赤ちゃんが顔を出し、来園者を和ませている。(2019年 ロイター/David W Cerny)

[PR]

 [13日 ロイター] - チェコ北部にあるジェチーン動物園で、メスの赤首ワラビーの袋からアルビノ(先天的なメラニン欠乏)の赤ちゃんが顔を出し、来園者を和ませている。

 白い色は目立つため、野生では敵に狙われやすいものの、この赤ちゃんは母親の袋の中で安心して育っている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです