メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

アラスカの犬ぞりレース、今年は現地先住民が9日と12時間超で優勝

 3月13日、アラスカ州で開催された「アイディタロッド」と呼ばれる犬ぞりレースは13日、同州先住民のピート・カイザーさん(31)のチームが昨年覇者を抑えて初優勝した。(2019年 ロイター/Diana Haecker/Nome Nugget)

[PR]

 [アンカレッジ(米アラスカ州) 13日 ロイター] - 米アラスカ州で開催された「アイディタロッド」と呼ばれる犬ぞりレースは13日、同州先住民のピート・カイザーさん(31)のチームが昨年覇者を抑えて初優勝した。

 アンカレッジから北端の町ノームまで、雪原を約1600キロ駆け抜ける過酷なレース。今年は接戦となり、2位との差はわずか12分だった。記録は9日12時間39分06秒で、これまでの最速となる8日3時間40分13秒には遠く及ばなかった。

 アラスカ先住民のマッシャー(犬ぞり使い)が優勝するのは2011年以来のことだという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです