メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

11歳の「ドラッグキッド」、LGBTQ活動家として注目

 3月13日、米国に住む11歳のデズモンド・ナポレスさんが、女装パフォーマーを指す「ドラッグクイーン」ならぬ「ドラッグキッド」として注目されている。写真はニューヨークで7日撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

[PR]

 [13日 ロイター] - 米国に住む11歳が、女装パフォーマーを指す「ドラッグクイーン」ならぬ「ドラッグキッド」として注目されている。

 デズモンド・ナポレスさんは、7歳の時にテレビ番組へ出演し人気に。以来、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア)の活動家として、ランウェーを歩いたり、プロジェクトを立ち上げたりと活躍中だ。

 ナポレスさんは「ただのドラッグクイーンではなく、良い意味で、もっとたくさんのことをしたかった。母親と一緒に考えていたら、ドラッグキッドというアイデアが浮かんだ」のだという。

 生まれた時からのゲイだというナポレスさん。ネガティブな意見も寄せられているというが、「わたしがとても素敵なので、嫉妬しているのだと思う。そういうコメントを見かけたら、削除、ブロック、報告だ」と意に介していないようだった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  3. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです