メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

大阪・神戸-上海、フェリー「新鑑真」号 乗船ルポ IT、観光 求めるもの変化

上海の国際フェリーターミナルに到着した「新鑑真」号=2月21日

就航30年以上、日中の経済規模逆転

 日本と中国を結ぶ国際フェリー「鑑真」号が就航して30年以上になる。この間、日中関係は大きな変容を遂げた。大阪、神戸と上海を約47時間かけて結ぶフェリーには今、どんな人が乗るのだろうか。【林哲平】

 <2月19日午前9時半、大阪南港=大阪市住之江区>

 国際フェリーターミナルに上海行きの船を待つ人が集まり始めた。春節(中華圏の旧正月)明けとあって、日本各地の土産を抱えた中国人観光客の姿が目立つ。この日の乗客は中国人36人、日本人12人、スリランカ人1人。1万4500トン、定員345人の客船としては寂しい。大阪(関西空港)-上海の飛行機は2時間台、今や片道1万円以下のチケットも買える。2泊3日の船旅は時間の面を考えれば、多くの旅行客の選択肢に入りづらいのは確かだ。

 鑑真号が就航した1985年、船を取り巻く状況は全く異なっていた。「日中に定期船航路 東西財界が協力…

この記事は有料記事です。

残り2996文字(全文3396文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです