メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

中山11R・フラワーC (土曜競馬)

菜の花賞を快勝したコントラチェック

速力上位、コントラチェック

 コントラチェックがスピードで圧倒する。前走の菜の花賞は、1週前のフェアリーSを除外された影響を心配したが、好発から1000メートル通過58秒3のハイペースを主導。後半も脚色は衰えず、上がり3ハロンを35秒5(11秒9-11秒5-12秒1)でまとめて、余力十分に快勝した。1分33秒8という走破時計は前日の古馬1000万下より0秒8も速く、同開催の3歳オープン、ジュニアCと同タイムだった。能力の高さは明らかだ。最終追い切り…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです