メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧直江津銀行

上越で最古の擬洋風建築 「ライオン像のある館」公開 来月6日から、本館・別館改修終え /新潟

 上越市は、市内最古の擬洋風建築として知られ、建物前にライオン像がある旧直江津銀行(同市中央3)の改修工事を終え、4月6日から「ライオン像のある館」として一般公開を始める。一般公開に先立つ今月21、23日には地元向けの内覧会を実施。4月3日にはオープニングセレモニーを開く。

 建物は本館と別館から成り、本館には耐震工事を施した他、大正期の姿を取り戻そうと外壁にしっくいを塗った。一般公開後はイベントスペースとして活用す…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです