メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なり手がいない・地方議会の行方

/1 王滝村 県内最少定数6 小規模議会と連携へ 5人だけで採決「怖くなる」 /長野

 統一地方選の後半戦では7の市議選(4月14日告示)、27の町村議選(同16日告示)が行われる。議会は行政の監視の役割があり、議員は地域の課題を行政に反映させる住民の代表者でもある。しかし、近年は市町村議選の無投票が相次ぎ、議員のなり手不足が深刻化している。なぜ、議員になる人が減ったのか。改善へ、何ができるのか。立候補者を増やそうと取り組む人々の姿を追った。

 王滝村役場の大会議室。村議と、高知県大川村の村議6人が向かい合った。「自治体から仕事を請け負う団体…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1279文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです