メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪のワザ

捕虫器「トレテーラ」 西當照明(東大阪市菱江2) 大量発生、転じて新商品 /大阪

据え置き型の捕虫器「トレテーラ」を開発した西當照明の西當和久社長=東大阪市菱江2の同社で、亀田早苗撮影

 暖かくなってくると、気になるのが虫。照明器具製造・板金加工の「西當(さいとう)照明」(東大阪市菱江2)はユニークな捕虫器、その名も「トレテーラ」を開発した。

 1963年創業。照明器具では反射板の曲面をつくる「R曲げ」や溶接などに高い技術を持ち、製品の一部は東北新幹線などにも使われている。

 その工場に虫が大量発生したのは2014年。隣接する田の休耕で、5ミリ前後の「ゴミムシ」と呼ばれる虫がたくさん入ってきて仕事にならない。写真を見せてもらったら、ゴキブリに似て、なかなかの気色悪さだ。だが、工場内では殺虫剤が使えない。材料の鉄板にさびや塗装不良が生じる恐れがあるからだ。

 捕虫器を買おうと探したが、据え置き型で適当な大きさのものが案外ない。西當和久社長(56)が「市場か…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです