メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

県立串本古座高校 ダイビング授業 海の魅力伝える人材育成 /和歌山

串本ダイビング事業組合のダイバー(右端)と一緒に海中に潜る串本古座高校の生徒=和歌山県串本町潮岬沖で2018年11月14日、山本芳博撮影

 県立串本古座高校(串本町)は昨年度から生徒を全国募集し、独自のカリキュラムで特色を出している。中でも自然・文化の学習を通じて地域貢献する人材を育てる「グローカルコース」では今年度、2年生に県内高校で初めてスキューバダイビングを必修科目に採用し、海の魅力を伝えた。

 授業では、地元の串本ダイビング事業組合のダイバーを講師に招き、ほぼ週1回、年間通じて実施された。生徒は座学で、水中の水圧と人間の体の関係などについて学習。校内のプールで実習もあり、ウエットスーツ姿になり、水中マスクやシュノ…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです